世界はうつくしいと

0
    「世界はうつくしいと」

    うつくしいものの話しをしよう。

    いつからだろう。ふと気がつくと、

    うつくしいということばを、ためらわず

    口にすることを、誰もしなくなった。

    そしてわたしたちはの会話は貧しくなった。

    うつくしいものをうつくしいと言おう。

    風の匂いはうつくしいと。

    渓谷の石を伝わってゆく流れはうつくしいと。

    午後の草に落ちている雲の影はうつくしいと。

    遠くの低い山並みの静けさはうつくしいと。

    きらめく川辺の光はうつくしいと。

    おおきな樹のある街の通りはうつくしいと。

    行き交いの、なにげない挨拶はうつくしいと。

    花々があって、奥行きのある路地はうつくしいと。

    雨の日の、家々の屋根の色はうつくしいと。

    太い枝を空いっぱいにひろげる

    晩秋の古寺の、大銀杏はうつくしいと。

    冬がくるまえの、曇りの日の、

    南天の、小さな朱い実はうつくしいと。

    コムラサキの、実のむらさきはうつくしいと。

    過ぎてゆく季節はうつくしいと。

    さらりと老いてゆく人の姿はうつくしいと。

    一体、ニュースとよばれる日々の破片が、

    わたしたちの歴史と言うようなものだろうか。

    あざやかな毎日こそ、わたしたちの価値だ。

    うつくしいものをうつくしいと言おう。

    幼い猫とあそぶ一刻はうつくしいと。

    シュロの枝を燃やして、灰にして、撒く。

    何一つ永遠なんてなく、いつか

    すべて塵にかえるのだから、世界はうつくしいと。



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM