8.24-31 2019 Bangkok&Chian Mai

0
    IMG_0214 (1).JPG

    IMG_0375 (1).JPG

    IMG_0221 (1).JPG

    IMG_0276.JPG


    IMG_0284 (1).JPG

    IMG_0230.JPG

    IMG_0373.JPG

    IMG_0246 (1).JPG

    IMG_0453.JPG



    IMG_0405.JPG

    IMG_0394.JPG



    IMG_0423 (1).JPG

    IMG_0505 (1).JPG

    IMG_0506.JPG

    8月の終わりに行ったタイ旅行から半年が経ってしまった。
    放っておいてもただ忘れる一方なので、無責任の旅行者風情が思い出を残す。

    入国審査に1時間。気温35℃湿度90%。
    街には人がごった返している。
    地下鉄の券売機は半分壊れている。
    その上硬貨しか使えない。だから駅窓口はいつも行列だ。
    やっと改札をくぐっても電車がなかなか来ない。
    タクシーは乗車拒否される。
    どうにか捕まえたと思ったら、運賃をふっかけられる。
    交通渋滞、止まないクラクションと排気ガス、
    三人乗りのスクーターはギリギリをすり抜ける。
    超高層ビルがスラム街を隠すように立っている。

    歩行者用の信号がほとんどない。横断する度に覚悟が必要だ。
    突然のスコール、溢れ出す下水、ぬるいビール、弱いシャワー
    無秩序なこの街のリズムに完膚なきまでに失調した。
    効率的でインフラが隅々まで行き届いている滅菌された日本に
    慣れていると異国のやり方に合うまで毎度時間がかかる。
    まあ3日もすれば、この街にも慣れてくるだろうと
    いつも通り過ごしたが今回は最後まで混沌に落っこちたままだった。
    あと1ヶ月くらい必要だったかもしれない。
    ずっとダメだったのかもしれない。

    欠落と過剰が魅力だった。
    エネルギッシュで寛容な街。なんだか奇妙な近未来都市。
    少しの隙間があればテーブルと椅子が置かれて、屋台ができる。
    早朝から深夜まで、湯気がのぼる。食べ物はどれも美味しかった。
    麺類をたくさん食べた。物価は三分の一くらいかな。
    会う人は皆、優しかった。
    ホテルでも乗合いバスでも露天商でも親切に教えてくれる。
    お互いつたない英語だが、どうにかなった。
    夜中でも気にせず外を歩けた。
    かえって静かで歩きやすかった。
    寺院が多いが極彩色ビカビカで趣がない。
    信仰は深く、毎日手を合わせる人も多い。
    野良犬とベンチが多くおだやかで人々が寄り添う公民館のような
    役割もあるんだろう。

    いつも思う。
    自分がしっくりくる終の住処などあるのだろうか
    何処に行っても天災はある。台風も地震もある。
    ミサイルが飛んでくるかもしれない。ウイルスや疫病もある。
    どんな場所にもスマホがあって何もかもを味気なくしてしまう。
    多様化を叫ぶほど均等化していく。
    情報がふえるほどスカスカになる。
    あと十年もしたら世界中どこに行っても同じ様になってしまうのかな。

    不確実な今日の重なりのなかでぐらぐらと揺れながらも
    どうにかこうにか生き延ばす事を続けてみる。
    自分でも屋台を引っ張る力さえ残っていれば、
    異国の街の一隅に居場所があるのかもしれない。
    誰かに任せてブーたれるのではなく、自分で引き受けること。
    見聞をもっと広げよう。




    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM