大寒卵

0
    日本が一番寒い時。大寒の頃に生まれたたまごは、
    昔から「食べると健康に暮らせる」といわれ珍重されてきました。
    寒さのため鶏の産卵数が減り、その分たまごの滋養分がたっぷりになるからです。
    また大寒から5日間は中国では「鶏始乳」と呼ばれ、
    親鶏がたまごを抱き始める時期とされています。

    20181027_2325959.jpg
    オープン以来ずっと当店では、常総市「天王原養鶏園」さんの卵を使用しております。
    ヨモギや海草などを配合した餌を与え、ストレスなく健康に育てた鶏。
    自然環境豊かな地で毎日手採りで集める新鮮な卵は、甘みとコクが豊かです。


    20181027_2325962.jpg
    20181027_2325960.jpg
    「出汁巻き」や「玉子かけご飯」はもちろん

    20181027_2325961.jpg
    卵黄をたっぷりつかった、玉味噌で「風呂吹き大根」。

    IMG_1134.JPG
    卵黄の味噌漬け

    IMG_1113.JPG
    「大地の御膳」にも茶碗蒸しが入ります。



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM