六周年を数えて

0
    すべって転んで六周年。
    お陰様で昨日、七年目に突入致しました。

    この土地の野菜の素晴らしさと
    庭の大きな木が気に入って店を開けた
    二週間後にあの震災に見舞われて
    ただ闇雲に徒手空拳のまま六年を数えました。

    それでも毎日、地元産のとびっきりな野菜を
    両手いっぱいに仕入れてシンプルに調理して様々な方に提供する。
    その代価を頂き私は暮らす。
    この小さな小さな循環を生む事を続けてこられた事に感謝です。

    限りある未来の中でまだまだやりたい事の半分も出来ていませんが
    今年こそは、見たかった景色を一枚一枚焼き直せたらと思います。

    オープン当時より少しだけ大きくなった木の下で
    今なんだか清々しい気持ちです。



    ささやかですが、六周年のありがとうを込めて
    当店の人気メニュー六つを載せた「花のレシピ新聞」を作りました。
    こっそりお配りしております。


    昨年の「五周年記念手拭い」に引き続き
    高橋香緒理さんにイラストとデザインをお願いしました。
    Kaori Takahashi
    http://takhskaori.info/

    手拭いは残りわずかですが、当店で販売中です。



    アメイジング・ツリー/長田弘

    大きな樹があった。樹は、
    雨の子どもだ。父は日光だった。
    樹は、葉をつけ、花をつけ、実をつけた。
    樹上には空が、樹下には静かな影があった。
    樹は、話すことができた。話せるのは
    沈黙のことばだ。そのことばは、
    太い幹と、春秋でできていて、
    無数の小枝と、星霜でできていた。
    樹はどこへもゆかない。どんな時代も
    そこにいる。そこに樹があれば、そこに
    水があり、笑い声と、あたたかな闇がある。
    突風が走ってきて、去っていった。
    綿雲がちかづいてきて、去っていった。
    夕日が樹に、矢のように突き刺さった。
    鳥たちがかえってくると、夜が深くなった。
    そして朝、一日が永遠のようにはじまるのだ。
    象と水牛がやってきて、去っていった。
    悲しい人たちがやってきて、去っていった。
    この世で、人はほんの短い時間を、
    土の上で過ごすだけにすぎない。
    仕事をして、愛して、眠って、
    ひょいと、ある日、姿を消すのだ。
    人は、おおきな樹のなかに。


    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM