夜長

0
    寒い季節は煮炊きものをたくさん作ります。
    仕込んだものが鍋の中でゆっくり冷めていく間、
    私はじいっと本を読みます。

    最近買った本から、勝手に紹介

    『foodremediesのお菓子/長田佳子』
    ほろっと美味しくじっくりと染みるお菓子を作る、友人の佳子ちゃんの41のレシピ。
    ハーブやスパイスの使い方、足しすぎない事と引きすぎない事。きちんとした想いが詰まってます。
    装幀は友人の樋口裕馬。美しい本です。

    『たべごと屋のらぼう野菜のごちそう 春夏秋冬/明峯牧夫』
    レシピ本や料理書は割かし、ペラペラしただけで作った気になっちゃうけれど
    結局は実際に何度も作らないと身に染み込まない。
    西荻窪の大好きな野菜料理のお店のナイスなレシピ、1ページ目から作ってみよう。

    『五〇年酒場へ行こう/大竹聡』 
    ミニコミ誌「酒とつまみ」の創刊編集長の東京酔っ払い紀行。
    いぶし銀な赤提灯に漂う半世紀分の“空気”は確実にまだ存在して、それは何物にも代え難い。
    無くなっちゃう前に、その“空気”を味わいに五〇年酒場へ行こうぜ。



    「火吹竹」 高田豊 詩

    毎晩 夜通し起きていて
    僕は 何もしてやしないのです
    このあいだの晩 火吹竹を作りました
    ぶぅ ぶぅ ぶぅ
    火鉢いっぱいに 真っ赤な炭が
    燃え上がって来る
    炭はまたすぐ 減ってしまいます
    ぶぅ ぶぅ ぶぅ
    火吹竹の音を聴いていると
    外は雪のように静かです
    本当に夜通し僕は 何もしてやしないのです
    ぶぅ ぶぅ ぶぅ


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM