Should I Stay Or Should I Go?

0
    7月8日(土)のディナーは以下へ料理出展の為、
    実店舗営業はお休みです。

    二十年来の友人の有馬顕が主宰の映像チーム
    「馬車馬企画」とのイベント。

    題字も書きました。
    ソーメンは、通常のつゆに加えて、
    フルーツトマトのガスパチョつゆ、イエローカレーつゆを持っていきます。


    7/8(土) 17時から
    ニューロ東京 http://tokyo.neuro-cafe.com/
    渋谷区神宮前2丁目13−2 2F
    入場無料!!

    今なんてない。
    テーブルの上にあるのはきっと過去だけ。

    目の前には流れるソーメン。ってそれはもう過去。
    瞬間は取り戻せない。
    重要なのはちょっとだけ前のめりにそれを掴むこと。
    ほんの先にあるソーメンを。
    過去になる前の今を。

    3分×10ラウンド、一本勝負。
    ソーメンと今は食べ放題。
    立ち上がれ、あごを引け、君は君なりのファイティングポーズを。
    Should I Stay Or Should I Go?






    歩き方

    0
      「寺尾紗穂with伊賀航live」は残り5席程になりました。
      DSC04393.JPG
      10月1日(土)‐10日(月)
      「きのこ展」
      筑波実験植物園
      http://www.tbg.kahaku.go.jp/event/2016/10kinoko/

      10月1日(土)-16日(日)
      「ごはんを囲んで展」
      Manufact jam
      天久保3-21-3星谷ビル1-D
      http://manufact-jam.com/

      10月8日(土)13:00〜15:00
      「LISTEN 自主上映会 in つくば」
      筑波大学 体芸5C棟216教室
      〜事前申込制〜
      筑波技術大学 ろう者学教育コンテンツ開発取組 事務局
      メールアドレス:listen1008tsukuba@gmail.com

      来週は空も泣き止んで、秋晴れになりますよう。
      10月8日当店のライブの日は、他にもイベント目白押しです。

      この時期だけのお楽しみ「きのこ展」から少し歩いて星谷ビルさんへ。
      manufact jamさんで生活用品、PEOPLEさんで本に触れて、
      千年一日さんで珈琲を飲んでぼけーっとする。
      そして筑波大で映画を観てから、当店で御餅を食べてライブで〆る。
      ざくざくと枯葉を踏みながらつくばをとことん歩く。
      そんな一日もいいと思います。

      その次の週は「八豊祭」。

      10月16日(日)
      朝日里山学校体育館(石岡市柴内630)
      http://8houmatsuri.jugem.jp/
      ■プログラム ------------------------------
      11時〜13時 やっほうCafe/暮らしの技・おじじおばばと藁綯い
      12時〜13時 馬喰町バンド・ライブ
      13時〜14時15分 好文亭梅朝氏 落語会
      14時半〜16時 内山節氏 講演会 山里から展望する成長だけじゃない共創の時代
      16時〜16時半 龍神と豊年踊り・八郷音頭

      地面に足がしっかりついた、とてもいい内容のお祭りだなと思います。
      当店のライブの「御餅つき」でお手伝い頂きます
      「やさと自給農園」さんも実行委員を務めています。

      【寺尾紗穂 with 伊賀航 Live】 お席残り少ないです

      0

        つくば食堂花企画 花に嵐vol.7
        【寺尾紗穂 with 伊賀航 Live】
        10月8日(土)  開場17時/開演19時

        前売 ¥3500 つきたて餅&のっぺい汁付き¥4000
        ★残り少なくなってきております★

        「御餅つき大会」参加自由 17時から
        御餅:ふたば自給農園 http://jyoumonfutaba.blog54.fc2.com
        選曲:千年一日珈琲焙煎所 http://1001coffee.jugem.jp
          秋の酒や肴もご用意します。
        音響:PEOPLE BOOKSTORE&大宮麻比古 http://people-maga-zine.blogspot.jp
        チラシ:handpoint. http://www.thehandpoint.com
        -----------------------------------------------------
        E-mailのみで予約開始。

        件名を「寺尾紗穂」として下記までお申し込みください。
        info@tsukuba-hana.net 
        1.お名前(カタカナでフルネーム)
        2.ご人数
        3.お電話番号
        4.御餅&御汁 有か無か
        -----------------------------------------------------

        小さい頃、ばあちゃんから教わった手遊びをまだ覚えている。
        わらべうたも私の田舎にはいくつかあった。
        教室で口伝えに広まる、胡散臭い怖い話や
        奇抜なルールの鬼ごっこに、放課後は夢中だった。
        そして給食や食卓には当たり前に郷土料理が並んでいた。
        大人味のそれらは当時の私の好みでは無かったが、
        今だに思い出されるお袋の味、ソウルフードである。

        地域や家庭ごとに複雑にグラデーションを帯びながら、
        風土が色づけされているこういった文化は
        イビツだが愛嬌があり、とても興味がそそられた。

        そんな田舎にもグローバリズムという巨大な風が吹いた。
        インターネットが日本中をくまなく平均化させてしまった。
        どこにいても同じ情報が入り音楽が聞け同じ遊びができ、
        食卓には簡単にキレイなごちそうが並ぶ。
        とても便利で細かく整頓された世界。
        それはそれで嫌いじゃないけれど、移り変わりが早くて
        なんだか冗談みたいで色香が薄まってみえる。
        あの頃の生活に溶け合っていた、ローカルな
        ズッコケやおかしみや哀しみは、現在の教室や家庭に残っているのだろうか。


        寺尾紗穂さんの新譜「私の好きなわらべうた」は、
        現在では消えかかった津々浦々のわらべうたをご自身が
        フィールドワークで丁寧に摘んでほどいて編み直した
        標本のようなアルバムである。
        http://www.webdoku.jp/column/warabeuta/


        次の次の土曜日、当店の庭の菩提樹の下で餅つきをします。
        ペッタンペッタン小気味よいリズムとBGM、
        朝採れの秋野菜たっぷりの郷土料理であったまった頃
        ゆっくり陽が落ちて、寺尾さんと伊賀さんのライブが始まります。

        茨城の酒呑みくらべ企画

        0
          毎日わくわくするような食材が入ってきています。
          そして、この時期だけの「冷やおろし」も解禁となりました。
          特別なこの季節、この土地の秋の味覚を存分に味わって頂きたく
          「地酒呑みくらべ。」を企画しました。
          DSC04325.JPG
          3種を各5勺で《1000円》
          月の井(大洗) 「夏純米 美山錦」 
                  「純米吟醸 冷やおろし」

          武勇(結城) 「おりがらみ 無濾過生原酒」 
          武勇(結城) 「辛口 純米酒」

          結(結城) 「山田錦 純米吟醸・無濾過生」
          結(結城) 「備前雄町 純米吟醸・生原酒」

          霧筑波(つくば) 「特別純米」

          男女川(つくば) 「純米吟醸本生無濾過」

          来福(明野) 「純米 冷やおろし 若水」 

          つまみも色々。
          DSC04309.JPG
          新秋刀魚有馬煮 鴨ロースは柿とクリームチーズと
          四角豆とアスパラと無花果の白和え 
          焼き椎茸 伏見唐辛子おかか和え 新薩摩芋南京和え
          オクラの花とつるむらさきのお浸し 生落花生塩ゆで

          DSC04329.JPG
          水茄子と長芋と鴨の旨煮

          寺尾紗穂 with 伊賀航 Live 予約開始

          0
            つくば食堂花企画 花に嵐vol.7
            【寺尾紗穂 with 伊賀航 Live】

            10月8日(土)  開場17時/開演19時

            前売 ¥3500 つきたて餅&のっぺい汁付き¥4000
            ※40席限定 (要予約)

            「御餅つき大会」参加自由 17時から
            御餅:ふたば自給農園 http://jyoumonfutaba.blog54.fc2.com
            選曲:千年一日珈琲焙煎所 http://1001coffee.jugem.jp
               秋の酒や肴もご用意します。
               
            音響:PEOPLE BOOKSTORE&大宮麻比古 http://people-maga-zine.blogspot.jp
            チラシ:handpoint. http://www.thehandpoint.com

            -----------------------------------------------------
            9月9日からE-mailのみで予約開始。

            件名を「寺尾紗穂」として下記までお申し込みください。
            info@tsukuba-hana.net 
            1.お名前(カタカナでフルネーム)
            2.ご人数
            3.お電話番号
            4.御餅&御汁 有か無か
            -----------------------------------------------------

            薄紅葉の頃、またまた寺尾さんが伊賀さんと来てくれます。
            今回は、先日発売された新譜『わたしの好きなわらべうた』に合わせて
            郷土料理のっぺい汁や、小気味良い餅つきのリズムと土の匂いのするような音楽など
            つくばのフォークロアに着目した企画をしました。

            秋の夜長に溶け合う、柔らかくて貴い瞬間があることでしょう。


            「七草なつな」( 鹿島郡、那賀郡、つくば市など)

            「A Case of You」 

            「茨城の酒 呑みくらべ」

            0
              DSC03569.JPG
              夏野菜バシバシ入荷しております。
              DSC03589.JPG
              瓜系も絶好調。

              朝採りの地野菜お料理に合わせて
              きゅーっと地酒を頂く企画が始まりました。

              夏だ!「茨城の酒 呑みくらべ」
              3種を各5勺で 1000円(税込)

              月の井(大洗) 「夏純米 美山錦」 

              武勇(結城) 「おりがらみ 無濾過生原酒」 
              武勇(結城) 「辛口 純米酒」

              結(結城) 「山田錦 純米吟醸・無濾過生」
              結(結城) 「備前雄町 純米吟醸・生原酒」

              霧筑波(つくば) 「特別純米」

              男女川(つくば) 「純米吟醸本生無濾過」

                       8月18日まで。


              沖縄ナイト

              0
                今年の夏もなんだかんだ沖縄に行けそうもないので今夜だけでも
                【沖縄ナイト】

                DSC03540.JPG
                じーまみー豆腐 海ぶどう
                島らっきょ 塩もみ
                ミミガーピーナッツ味噌和え

                パパイヤ シークヮーサーポン酢
                人参しりしり
                ゴーヤーお浸し

                DSC03541.JPG
                ふーいりちー

                DSC03545.JPG
                ラフテーと島豆腐
                胡麻男爵あん

                DSC03546.JPG
                てびちい塩煮 炙り

                DSC03549.JPG
                丸茄子トマトチーズ焼き

                DSC03551.JPG

                DSC03552.JPG
                島もずくのかき揚げ 南瓜唐揚げ

                DSC03554.JPG
                冷たい沖縄そば シークヮーサーの香り

                DSC03556.JPG
                紅芋ジェラート パイナップル


                高橋香緒理 絵本原画 個展

                0
                  DSC03092.JPG
                  kaori takahashi solo exhibition
                  "NEIGHBORHOOD"
                  5/10- 5/22
                  PEOPLE BOOKSTORE
                  つくば市天久保3-21-3星谷ビル1-E

                  DSC03089.JPG

                  当店の五周年記念の手ぬぐいの
                  デザインとイラストレーションでお世話になった
                  絵本作家「高橋香緒理」さんの個展です。
                  http://takhskaori.info/
                  皆さまぜひぜひ!

                  手ぬぐいは、展示に合わせてPEOPLEさんでも販売中です。

                  僭越ながら私が、言葉を紡ぎました。
                  ページをめくって進んでいく
                  絵本のような仕掛けになっております。


                  「つちのそこから
                  はいだしてくる
                  やさいの


                  とんがりの
                  ように
                  ののはなの
                  ひらめきの
                  ように


                  おはよう
                  おやすみ
                  おはよう


                  またはるがくる」


                  ホタルイカナイト

                  0
                    世界で一番好きな食べ物は、蛍烏賊だというお客様に
                    まさに旬の今、心底腹いっぱいに召し上がって頂きたいと
                    今宵は、それだけを使ったコースを組み立ててみました。
                    DSC02957.JPG

                    DSC02956.JPG
                    富山からクレイジーな量の蛍烏賊を仕入れました。

                    DSC02960.JPG
                    まずはしゃぶしゃぶ。新若芽とうるいを添えて。
                    極シンプルですが、生を8秒ほど湯掻くこの食べ方が最良だと思います。

                    DSC02964.JPG
                    珍味三種は、黒造り・酒盗和え・沖漬けはワインを効かせて。
                    前菜五種は、空豆とトマトでコチュジャン炒め
                          山羊のチーズと蛍烏賊の出汁巻き
                          蛍烏賊と花穂紫蘇は鴨で包んで、柚子胡椒を
                          こごみと蛍烏賊のお浸し
                          スナップ豌豆はふきのとう味噌で

                    DSC02967.JPG
                    トマトと竹の子と蛍烏賊の松前焼き
                    昆布の旨味には、シンプルに塩とレモンで。

                    DSC02973.JPG
                    牡蠣、蛍烏賊、空豆は大和芋と豆乳でグラタン仕立てに。

                    DSC02975.JPG
                    独活の葉と新生姜と蛍烏賊のかき揚げ
                    アボガドと胡桃と蛍烏賊のかき揚げ
                    こしあぶらの天ぷら

                    竹の子、むかご、白舞茸、人参、蛍烏賊で五目釜飯。 
                    DSC02978.JPG
                    一番最初のしゃぶしゃぶで残った出汁に
                    青海苔と春菊を加えてで薄くとろみをつけたスープ。
                    新じゃがと蛍烏賊で作った饅頭はバターの香り。

                    蛍烏賊の旨味に更に蛍烏賊をかけるという、
                    和食ではあまりやらないアプローチですが
                    ホタルイカナイトの最後にふさわしいお椀になったと思います。

                    PEOPLE'S PARK 週末思想

                    0


                      あれこれお世話になっている[PEOPLE BOOKSTORE]さんの周年企画。
                      3rd Anniversary party!
                      「今年もやります! ピープルズ・パーク!」

                      OctBASS&DISCOS
                      3月19日(土)21時
                      2500円 (1drink込み)

                       「おかげさまで、PEOPLE BOOKSTOREは来る4月で開店してからはや3年。
                        実感としては「あっというま!」の一言です。
                        ご愛顧いただいたお客様はもちろん、
                        なんとなく気にかけてくれている方々にも本当に感謝しております。
                        そして、当店の周年を口実に歌い、呑み、踊るためのパーティー、
                        PEOPLE'S PARKを今年も開催することになりました。
                        メインフロアのOctBaSSでは色とりどりの音楽を、
                        併設のラウンジDISCOSには賑やかなDJ陣に加えて、
                        食事、コーヒー、各種物販も用意します。
                        合い言葉は「エンジョイ・ユアセルフ!」。
                        一夜かぎりのこの公園で、好きなように遊んでもらえたら嬉しいです。」
                                           (PEOPLE BOOKSTORE 店主)


                      私もディナー通常営業後にメシ作って参加します。
                      「土曜の夜丼」500円33食
                      「酔っ払いの3種のつまみ」一皿300円
                       焼鮭のポテサラ・鶏と茄子の南蛮漬け・ぺぺロン枝豆



                      4年前のPEOPLEさんのイベントの際に初めて「土曜の夜丼」を作りました。
                      その際に寄せた私の悪筆乱文を紹介いただいたので、転載の転載。
                      http://people-maga-zine.blogspot.jp/2016/03/blog-post_15.html

                      私が学生だった頃「土曜の夜」へのいき込みと高揚感はすごかった。
                      一週間の仕事や学校から解放された人々が
                      鬱屈や疲労をその一晩でこぞってチャラにする感じ。
                      それをテーマにした音楽や映画も多かったし
                      好景気もあいまってか、町はどこも賑やかで酔っ払いも多くて
                      テレビやラジオも特別で、何か凄いことが始まりそうな気がする夜だった。
                      まあ大体何も起こらずに、友人宅で哀しい朝を迎えたんだけれど。

                      しかし、いつしか週休二日制の定着によりその熱も分散されて
                      あのワクワクする「土曜の夜」感は無くなってしまった。

                      世の中がメソメソしている。街が死んだふりをしている。
                      こんな時こそ、いい音楽を生で聞こう。
                      本を読んで映画を観て旅をして人と話して恋をして。
                      終末思想なんかくたばっちまえ、
                      週末思想からやり直そうぜ。

                      “週末思想” 植田泰成(つくば食堂 花)


                      予約はいらないぜ。土曜の夜だ、乾杯しよう!

                      | 1/3PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM