六周年を数えて

0
    すべって転んで六周年。
    お陰様で昨日、七年目に突入致しました。

    この土地の野菜の素晴らしさと
    庭の大きな木が気に入って店を開けた
    二週間後にあの震災に見舞われて
    ただ闇雲に徒手空拳のまま六年を数えました。

    それでも毎日、地元産のとびっきりな野菜を
    両手いっぱいに仕入れてシンプルに調理して様々な方に提供する。
    その代価を頂き私は暮らす。
    この小さな小さな循環を生む事を続けてこられた事に感謝です。

    限りある未来の中でまだまだやりたい事の半分も出来ていませんが
    今年こそは、見たかった景色を一枚一枚焼き直せたらと思います。

    オープン当時より少しだけ大きくなった木の下で
    今なんだか清々しい気持ちです。



    ささやかですが、六周年のありがとうを込めて
    当店の人気メニュー六つを載せた「花のレシピ新聞」を作りました。
    こっそりお配りしております。


    昨年の「五周年記念手拭い」に引き続き
    高橋香緒理さんにイラストとデザインをお願いしました。
    Kaori Takahashi
    http://takhskaori.info/

    手拭いは残りわずかですが、当店で販売中です。



    アメイジング・ツリー/長田弘

    大きな樹があった。樹は、
    雨の子どもだ。父は日光だった。
    樹は、葉をつけ、花をつけ、実をつけた。
    樹上には空が、樹下には静かな影があった。
    樹は、話すことができた。話せるのは
    沈黙のことばだ。そのことばは、
    太い幹と、春秋でできていて、
    無数の小枝と、星霜でできていた。
    樹はどこへもゆかない。どんな時代も
    そこにいる。そこに樹があれば、そこに
    水があり、笑い声と、あたたかな闇がある。
    突風が走ってきて、去っていった。
    綿雲がちかづいてきて、去っていった。
    夕日が樹に、矢のように突き刺さった。
    鳥たちがかえってくると、夜が深くなった。
    そして朝、一日が永遠のようにはじまるのだ。
    象と水牛がやってきて、去っていった。
    悲しい人たちがやってきて、去っていった。
    この世で、人はほんの短い時間を、
    土の上で過ごすだけにすぎない。
    仕事をして、愛して、眠って、
    ひょいと、ある日、姿を消すのだ。
    人は、おおきな樹のなかに。

    本年もありがとうございました。

    0
      つくば食堂花の2016年の営業は終了いたしました。

      新年5日(木)までお正月休みをいただきます。
      尚、4日(水)の夕方から仕込みでお店におりますので
      新年のご予約は、お電話で受け付けます。

      そして引き続き、つくば食堂 花では
      アルバイトさんを1名募集しております。
      17時から21時位まで(最長でも22時)。
      週2回以上で週末(金曜・土曜)も入れる方。
      制服貸与、賄い付き、たまに飲み会。
      担当・植田まで、お問い合わせください。
       

      本年もありがとうございました。
      どうぞ、良いお年を。



      ごあいさつ

      0
        おかげ様で今月の25日に五周年を迎えます。

        思い起こせば地元であるこちらで開業するに至った一番の理由は
        上京の15年余りの和食修行の際に、茨城の野菜の素晴らしさを
        思い知ったからでした。
        私が生まれ育った土地には誇るべき食材があるという事に気付き
        自分のやってきた料理を通して、消費者と生産者をシンプルに繋げられる
        気取らない和食店が持てたらと考えました。

        そして故郷の下妻市からほど近いこのつくばでテナントを探し
        庭の菩提樹とヘンテコな造りの古民家が気に入り、お借りしました。
        元ハンバーガー店からの大幅な改装と立ち上げまでを出来る限り自分と
        仲間の手で行い、やっとの事オープンにこぎ着けました。

        その二週間後にあの震災に見舞われました。
        出来たての店が大きくスローモーに揺れている姿は
        脳裏に鮮明に焼き付いています。それから一年は店に住込み
        ただ闇雲に毎日を繰り返すだけ途方に暮れてもいられず、
        悲しみを胸底に閉じ込めて「自分の店」という実感が掴めないまま
        気付いたら五年が過ぎようとしています。

        それでも、街の端っこでろくに看板も掲げずも続けてこれたのは
        お客様のごちそうさまの声だったり、食べ残しのないお皿だったり
        頼もしく育っていくスタッフ達だったり、
        ご飯を食べに来てくれる両親の姿だったり
        四季折々に表情を変える庭の菩提樹だったり。
        闇雲だけれども繰り返え繰り返した、五年間を振り返る事で
        今やっと「自分の店」が始められるような気がします。

         「たとえば漁師町のお寿司屋さんのように
         毎朝、この土地で採れた野菜をダンボールいっぱいに仕入れて
         シンプルにに調理して、別け隔てなくこの土地で提供する。
         その代価をいただきこの土地で暮らす。そんな小さな小さな循環を生む事。

         五百円の丼ぶりも一万円のコース料理も同様に
         ニーズとその条件の中で献立を考え、自分らしいやり方で自由にやる。
         地野菜ふんだんに使ったお客様と自分がワクワク出来るようなお店を目指そう」

        支えて下さった皆々様に感謝を込めて
        ピースサインを贈ります。


        友達とスタッフの力を借りて、五周年にちなんだ企画をご用意しました。
        いちげんさんも常連さんも
        どうぞどうぞいらっしゃいませ。

        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM