ヴィヴィッド

0
    ロマネスコの突起の造形美


    干した芋がらのグラデーション
    DSC04694.JPG

    茹でた菊花の澄んだ黄
    DSC04575.JPG

    切った紫白菜の複雑さ


    蒸した南瓜と紫芋の鮮烈さ
    DSC04685.JPG


    0
      DSC04306.JPG
      新蓮根 新人参 新薩摩芋 新生姜と新物が採れる季節。
      みずみずしくアクが少ないのが特徴です。

      オクラの花 生落花生 肉厚椎茸 無花果と秋全開

      ランチも大きくゆっくり変わっていきます。
      DSC04300.JPG

      メインが選べる夜の定食は、新秋刀魚尽くし
      塩焼き 塩麹焼き 有馬煮と。
      DSC04327.JPG

      新しい食材で、新しい料理を考えると。
      新しい気持ちで、新しい今日を始めること。


      天王原のたまご

      0
        オープン以来ずっと当店では「天王原養鶏園」さんの卵を使用しております。
        ヨモギや海草などを配合した餌を与え、ストレスなく健康に育てた鶏。
        自然環境豊かな地で毎日手採りで集める新鮮な卵は、甘みとコクが豊かです。
        DSC02773.JPG

        定番の「出汁巻き」


        今が旬「白魚の柳川」


        「和牛ローストビーフ」には黄身おろし


        卵黄と西京味噌で練り上げた玉味噌は「牡蠣とホワイトアスパラの白味噌仕立て」


        究極の「玉子かけご飯」

        colorful days

        0
          見事な秋野菜がドシドシ入荷です。

          基本的に、その日に採れた食材で献立するスタイルの私にとって
          この食材多彩な季節はやりたい料理もどんどん増え、楽しいです。

          ある日の前菜


          またある日の前菜

          とことん料理を楽しんでみる。

          どんどん深みを増していく蕪で「すり流し」


          根菜たっぷり
          金時人参 新牛蒡 里芋 蓮根 下仁田葱 鴨で治部煮


          春菊と百合根のかき揚げ
          大和芋と納豆の磯部揚げ
          金時人参とヤーコンのかき揚げ


          つくば美豚スペアリブ
          塩昆布とケッパーと柿のソース


          花を食べる 根を食べる

          0
            花を食べる。

            茎ブロッコリー 「スティックセニョール」はペペロンチーノに。
            「オレンジカリフラワー」は通常の物より柔らかく甘みが強いので、蒸すだけ。
            生でパクパクいける茎カリフラワー「カリフローレ」。
            食用菊「もってのほか」はしゃきしゃきとした歯ごたえと香りとほろ苦さが特徴、
            生魚を菊花〆にしたり菊花和え、お浸しにもいけます。

            根も食べる。

            「ヤーコン」は梨のような甘みと食感。 
            香りが素晴らしい「根三つ葉」。
            火が入るとホクホクな「百合根」。
            茨城の伝統野菜「赤葱」柔らかくて甘い「下仁田葱」。
            生でも、揚げても美味しい「長芋」。
            色鮮やかな「金時人参」はサラダや煮物。


            美味しい蕪を頂いたので今季初のすり流し。


            根菜だらけのお鍋。


            新米をそのまま釜炊き ちょこちょこおかず。

            いい季節です。

            のような

            0

              この時期の「鮎」は西瓜のような香り
              「ルッコラ」は胡麻のような香り
              新鮮な「竹の子」はとうもろこしのような香り
              「ヤーコン」は梨のような食感と甘み
              完熟の「マンゴー」は林檎のような味
              「水茄子」は青リンゴのような香り

              それじゃ、本物を食べればっていうのは野暮。
              旬の香りをいただきます。

              本日は四名様のコースで一名様だけ生魚が苦手との事でした。


              活け〆の「カンパチ」はサッと照焼きに
              「生蛍烏賊」は釜揚げして蕗の薹酢味噌
              地物の「平目」はアスパラに巻いて梅肉醤油
              「帆立」と「イサキ」はにんにくバター醤油
              「カツオ」はなめろうにしてから焼いてサンガ焼きに




              | 1/1PAGES |

              calendar

              S M T W T F S
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << July 2017 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recommend

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM