六周年を数えて

0
    すべって転んで六周年。
    お陰様で昨日、七年目に突入致しました。

    この土地の野菜の素晴らしさと
    庭の大きな木が気に入って店を開けた
    二週間後にあの震災に見舞われて
    ただ闇雲に徒手空拳のまま六年を数えました。

    それでも毎日、地元産のとびっきりな野菜を
    両手いっぱいに仕入れてシンプルに調理して様々な方に提供する。
    その代価を頂き私は暮らす。
    この小さな小さな循環を生む事を続けてこられた事に感謝です。

    限りある未来の中でまだまだやりたい事の半分も出来ていませんが
    今年こそは、見たかった景色を一枚一枚焼き直せたらと思います。

    オープン当時より少しだけ大きくなった木の下で
    今なんだか清々しい気持ちです。



    ささやかですが、六周年のありがとうを込めて
    当店の人気メニュー六つを載せた「花のレシピ新聞」を作りました。
    こっそりお配りしております。


    昨年の「五周年記念手拭い」に引き続き
    高橋香緒理さんにイラストとデザインをお願いしました。
    Kaori Takahashi
    http://takhskaori.info/

    手拭いは残りわずかですが、当店で販売中です。



    アメイジング・ツリー/長田弘

    大きな樹があった。樹は、
    雨の子どもだ。父は日光だった。
    樹は、葉をつけ、花をつけ、実をつけた。
    樹上には空が、樹下には静かな影があった。
    樹は、話すことができた。話せるのは
    沈黙のことばだ。そのことばは、
    太い幹と、春秋でできていて、
    無数の小枝と、星霜でできていた。
    樹はどこへもゆかない。どんな時代も
    そこにいる。そこに樹があれば、そこに
    水があり、笑い声と、あたたかな闇がある。
    突風が走ってきて、去っていった。
    綿雲がちかづいてきて、去っていった。
    夕日が樹に、矢のように突き刺さった。
    鳥たちがかえってくると、夜が深くなった。
    そして朝、一日が永遠のようにはじまるのだ。
    象と水牛がやってきて、去っていった。
    悲しい人たちがやってきて、去っていった。
    この世で、人はほんの短い時間を、
    土の上で過ごすだけにすぎない。
    仕事をして、愛して、眠って、
    ひょいと、ある日、姿を消すのだ。
    人は、おおきな樹のなかに。

    まだまだ

    0
      今日はあったかいな、なんて調子に乗って薄着でで出ると夜は震えるような季節です。
      まだまだ熱々のお料理が似合います。

      DSC05161.JPG
      豚ロースと菜の花と春蕪の白味噌仕立て

      DSC05165.JPG
      鰯のつみれと京芋の新青海苔あん

      DSC05159.JPG
      蓬生麩揚げ出し

      DSC02738.JPG
      牡蠣と芽キャベツのチーズ煮

      DSC05167.JPG
      蓮根ステーキ

      身土不二

      0
        春がどっと入荷。
        DSC05157.JPG

        春野菜は寒さが厳しい冬に地中から芽を出し成長するために
        必要な栄養素や害虫などから身を守る成分がため込まれるので
        解毒作用や抗酸化作用などの働きがあるといわれています。
        爽やかな“香り”と独特の“苦味”には、冬に溜まった
        老廃物を体外へ出すデトックス効果があります。

        夏野菜には水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多く夏バテ予防に。
        秋はエネルギーを体内に蓄える効果がある芋類や木の子類が出回ります。
        冬に美味しい根菜類は、身体を温めてくれる成分を多く含みます。

        旬のものをその時期に食べることでその時身体に必要な栄養素を教えてくれるのです。

        採りたての蕗の薹で、ふき味噌
        独活と蕗の薹を合わせた、ドレッシング
        DSC05136.JPG

        ランチもグッと春に近づきます。
        DSC05142.JPG





        ハローバイバイ

        0
          この春に当店のスタッフが1人卒業です。
          第一志望に就職が決まり店主は小躍りですが、店はピンチ。

          つくば食堂花では、アルバイトさんを1名募集しております。
          17時から21時位まで(最長でも22時)。
          時給850円から 研修あり

          週2回以上で週末(金曜・土曜)も入れる方。
          制服貸与、賄い付き、たまに飲み会。

          まずは話しましょう。
          お電話かメールでお問合せ下さい。
          029−879-9873
          info@tsukuba-hana.net  担当・植田



          春一番

          0
            走る春一番。
            芽吹く季節。

            DSC05144.JPG
            菜の花お浸し スナップ豌豆と蕾菜の白和え
            あんこう煮凝り じゃこと野芹の出汁巻き
            干柿とクリームチーズ 二色の芋の南京和え
            茄子煮びたし フルーツトマト塩麹和え 
            合鴨ロース 新わかめの茎と干し椎茸のきんぴら

            DSC05145.JPG
            白子梅肉醤油 のれそれ(穴子の稚魚)ポン酢
            鯛昆布〆 寒鰤 帆立 鰹

            DSC05146.JPG
            春のサラダ 独活と蕗の薹のドレッシング

            DSC05150.JPG
            つくば美豚の角煮 男爵あん

            DSC05151.JPG
            蕗の薹 たらの芽 蛍烏賊と空豆のかき揚げ
            京芋の蕗の薹味噌

            DSC05154.JPG
            牡蠣と白子の大和芋焼き 青海苔あん

            DSC05155.JPG
            赤葱と鰯つみれの味噌汁


            3月3日(金)終日7日(火)終日8日(水)終日11日(土)夜は貸切となります。
            歓送迎会のご予約バシバシ承ります。

            | 1/51PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM